So-net無料ブログ作成
検索選択
飛行機 ブログトップ

さようなら、YS-11 [飛行機]

本日30日、唯一の国産旅客機「YS-11」がついに日本の空から退役します。

この機体は「JA8717」。
世界で最も長く飛んだと言われる飛行機です。

総飛行時間は約7万1220時間、フライトサイクルは7万2359回(かな?)。
初飛行は1969年。私が生まれる前から飛んでいたYS-11です。
一足早く、今月中旬に退役。お疲れさまでした。

新幹線0系に似ている愛くるしい表情。
プロペラの直径は機体の胴体の直径よりも大きい。
1200mの短い滑走路で飛び立てるように設計。


手前にあるのはバッテリー・カー。エンジンを始動させる電源です。

YS-11、きょう沖永良部―鹿児島でラストフライト。
ラストフライトを務める64歳の機長も今年で引退だそうです。
日本の空は寂しくなりますね。
お疲れさまでした。本日、晴れますように。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

5人のサムライ [飛行機]

5人の首相補佐官、アベレンジャーのことではありません(笑)。

戦後初で唯一の国産旅客機「YS-11」(プロペラ機)の基本設計をした5人の〝スター〟設計者たちのことだ。実施設計には無名の大勢の若手設計者らが携わった。その陰にはさらに数え切れない若手技術者がいた。

その「YS-11」、9月30日についに国内すべての旅客路線から退役する。
現在、国内航空会社でYS-11を使用しているのは日本エアコミューターのみ。

1965年の初就航から41年。完全引退。

30日のラストフライトは沖永良部―鹿児島。
なんと500人以上がキャンセル待ちに名を連ねているという。
(正確に言えば、結構前にキャンセル待ちを打ち切っており、希望者の数は計り知れない)。

一つの時代の終わりを感じます。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

飛行機のシートを買うのは誰? [飛行機]

先日乗った全日空の機内誌でこーんな商品を発見。

トリプルセブンの2人掛け用スーパーシートです。
価格は39万9000円。

『B777-300 スーパーシート』
プライベートルームでフライト気分を満喫!だそうです。

こんなの買うのはかなりのマニアかなーとも思いますが、そういえば以前、とあるカフェで飛行機のシートに座らされたことがあり、そうした需要もあるのかも。でも、落ちつかなかったなー(笑)。

もちろん、実際に空を飛んでいたものです。
改修にあたり役目を終えて取り外されたシートだそうです。

全日空といえば、きのう10日、「スーパージャンボ」こと全日空のボーイングボーイング747SR-100型機が引退したとのニュース。1979年(昭和54年)に就航し、これまで27年間運航。この飛行機のシートも売り出すのかな?

飛行機について後悔しているのが、コンコルドに一度乗っておくべきだったということ。このラストフライトには飛行機マニア(?)の子供が搭乗していてニュースになっていました。うらやましい……。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

惰性で買ってしまうミステリー [飛行機]

神の手 (上)パトリシア・コーンウェルの新刊『神の手』(上)(下)が出たようです。

この数年間、クリスマスの時期に合わせて出てくる『検屍官』シリーズの新刊です。書店に並び始めると年の瀬を感じてしまいます。

普段、ミステリーものはあまり読まない(時間がなくて読めない)のですが、これだけは1冊目からずっと買い続けています。

主人公の女性のキャラが魅力的です。
好きなヘリコプターが「ベル」社製というところに共感を持ってしまいます(笑)。でも、きっとこれは著者のパトリシア・コーンウェルの趣味なんでしょうね。 ベル社のヘリコプターは見た目も機能も素晴らしい。防災、消防、救助ヘリとしても大活躍しています。

おっと、話がずれてしまいました(笑)。

登場人物がそれぞれ魅力的なのは、完璧な人間として描かれていないからだと思います。それぞれが内面に孤独や問題を抱えていたりして。

もし映画化されるならば、マリーノ役は私のなかではロバート・デ・ニーロです。


パトリシア・コーンウェルの食卓
こーんな本も出ているようです。

『パトリシア・コーンウェルの食卓』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
飛行機 ブログトップ
メッセージを送る