So-net無料ブログ作成
検索選択
スコッチ ブログトップ

マロングラッセとスコッチ [スコッチ]

秋の夜長に合う組み合わせ(と、私が勝手に思っているもの)
マロングラッセ&スコッチ(シングルモルト)。

スコッチはもちろん原酒のまま。1ショットをなめるように味わう。
マロングラッセもちびちびとかじりながら。

鼻に抜ける香りを楽しむ。

そして読書。音楽は流さない。

時間に余裕があるときに。心にも余裕が生まれます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

モンクの叫び [スコッチ]

前日はムンクについて書きましたが、
ムンクと言えばモンク(笑) ←ごめんなさーい。でも私だけではないはず、この発想。

そしてモンクといえば、「ストレート・ノー・チェイサー」。
「ストレート・ノー・チェイサー」といえば……。

エルダー・ジャンギロフが先週リリースしたライヴ盤に収録されていましたー!
↑これが本題(笑)。ムンクから強引な話の持っていき方です、はい。

Daily Living Live At The Blue Note
Eldar Djangirov

このライヴ盤、何に驚いたかというと「エルダーの声」にです(←そこかいっ!)。

ライヴだから本人のMCが入っているわけですね。
日本ではテレビで紹介されることもなく、一般社会ではまだまだ無名な若手。メディアでの露出も非常に少ないため、これまで本人の声を聞いたことがなかったのです。

その話し方ですが、ピアノ同様にとても大人です。
エルダーは現在19歳なのでもっと少年っぽい声だと思っていたら、けっこう落ち着いた渋い声をしていてびっくり。29歳のジェイムス・ブラントのしゃべりよりも落ち着いていました(笑)。

そのブルーノート@NYで収録したライヴ盤ですが、
さすが、です。

ゲストとして、あのクリス・ボッティやロイ・ハーグローヴも参加している曲もあるのですが、エルダーの存在感は決して負けていません。

聴いていると、おそらく他のジャズ界の大物らも、この若き天才と競演したくてたまらないのだろうなと感じました。今後、誰と競演していくのか実に楽しみです。

エルダー版の「ストレート・ノー・チェイサー」。
この曲には前出のトランペット奏者のロイ・ハーグローヴが参加しています。
2人の息がぴったり合っていて、それでいてスリリングなかけ合い。まさにチェイス。
素晴らしい出来です。

ロイ・ハーグローヴのピリピリした音がウィスキーのキック力とすれば、エルダーのピアノはそれを受け止める澄んだ美しい水(チェイサー)のほのかな自然の甘さと言えばよいか……。あっ、この文脈からだと、曲は「ストレート&チェイサー」という感じになってしまう(苦笑)。

余談ですが、私もスコッチを飲むときはモンクと同じく「ストレート ノーチェイサー」です。
(周囲が気遣ってチェイサーを頼んでくれることも多いですが……)。
ちなみにスコッチに氷を入れることは「犯罪」とよく言われます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

私の夢 [スコッチ]

飛行機の中とかで一気に深い眠りにつきたい時。
私はスコッチウイスキーをそのまま1ショットいただく。
もちろん、氷も水もなしで。
スコッチは瞬間的に酔うが、かくっと眠りに落ちて目が覚めた時に体にアルコールが残らない。

実はスコッチが大好きで、スコットランドの蒸留所を全部順番に巡るのが夢である。お遍路のように。立ち寄った証明として、各蒸留所の名前&マーク入りショットグラスを買い求めながら。

ただ、ここで問題になるのが移動手段。自動車で順番に訪れるとなると、自分で運転した場合は蒸留所で試飲できないことになる。それでは意味がない。蒸留所ならではの味と香りを楽しみたいのだから。誰かを運転手にとなると、そんな酔狂な旅に付き合う人間は皆無だろう。もし付き合える人間だった場合、やはり試飲せずにはいられないだろう。

だからといってタクシーで巡るというのも味気ない。
ああ、何かいい手はないものか。

しかし、叶いそうもないからこそ、夢。
きょうのタイトル、小学校の作文みたいですね。
こんなこと書いたら即、親呼び出しだろうなー。

ちょっと人から「夢は何ですか」と尋ねられたもので。
もう少し、まっとうな「夢」を用意しておかねば……。


スコッチ ブログトップ
メッセージを送る