So-net無料ブログ作成
検索選択

VAIO type PにXPモデルがっ! [パソコン]

買うべきか……。

VAIO type P.jpg

過去にこんなことを書いている以上、買う責任がありますよね(苦笑)。

数日前の新聞に衝撃(?)の記事が~。

なんと!(笑)、
VAIO 「type P」にXPモデルがついに登場することになったのです!

ソニー、やってくれますね~。その柔軟性を買いたい。

色も自由に種類を選べるようですが、
いざ選ぼうとするとなかなか難しいものです。

上の画像の新色・限定モデルの色の組み合わせが第1候補です。
キーボードがダークブラウンというのも、結構ポイントが高いです。

↓皆さんだったら、どの色モデルを選びますか?
http://www.jp.sonystyle.com/Special/Computer/Vaio/P/index.html

サービスで入れてくれるメッセージ刻印もどんな言葉を入れようか悩みますよね~。
「俺の後ろに立つな」byゴルゴ13とか?

問題は…… type Pを買ったところで、
お前は何につかうんだ、という点です(笑)。

セットアップしてちょっと遊んで終わり、の予感も~。

type Pは仕事をするのには小さすぎるし、
仕事に使える小さいノートパソコンはすでに持っているし。

VAIO「type P」をジーンズの後ろポケットに入れてみる、
というCMごっこ遊びも1、2回で飽きそうだし……。

あ、カフェでお茶しながら、さくっとブログ更新とかできますね(苦笑)。

カフェのテーブルって、時々すごーく小さいことってありません?
雑誌を置いて読めないような。
飲み物や食べ物を注文しすぎ、という見方もありますが……。

さて。
しばらくすると飽きることが事前にわかっていても買うべきでしょうか。
インテリアとして買う、というのはありかも?(笑)。←眺めて楽しむという新たな提案。

ワッフル柄 [雑感]

私は竹を割ったような真っ直ぐな背骨なので、
普段は枕ではなくバスタオルを折って調整して枕代わりにしています。

で。

朝起きたら、顔にワッフル柄がついていました……。

数日前は右頬、今朝は左頬だったので、
変な寝方のクセはないと安心。←えっ?なにが?(笑)。

それにしても頬一面にワッフル柄は間抜けな姿です……。

でも、ワッフル地のタオル、好きなんですよね~。

限界…… [雑感]

あああー、髪を切りたいいいーっ。伸びた髪がうざーい。限界かもー。

きょうからまた涼しくなりましたが、最近、暑い日が多いですよね。

白状すると、5月上旬に自宅ですでにエアコンの冷房をつけていました(ぼそっ)。
この軟弱者~!というお叱りの声が聞こえてきます……。

でも、我慢はよくないですから(……と言い訳をしてみる)。

あっ、ずっと冷房をつけているわけではありませんよ~。
暑いときだけで、涼しくなったらちゃんと消していますから~。

ムシムシするのは、普段よりも伸びた髪のせいもあるのかも。
髪を短く切れば少しは涼しくなるかな?

思わぬ余波…… [食べ物&飲み物]

えええーっ! そんなぁ~!……(涙)。

6月あたりに、旅行で念願の「山崎蒸溜所」巡りに行こうと思っていたのに~。

現地ではどこのホテルに泊まろうかな?とウキウキしながら、蒸溜所へのアクセスはどうなのかな?と調べようと思って、サントリーの「山崎蒸溜所」のページを見てみると……。

↓こんなお知らせがっ。

新型インフルエンザ感染拡大に伴う 工場見学 一時休止のお知らせ
新型インフルエンザ感染拡大に伴い、2009年5月19日(火)より、当面の間、工場見学を一時休止させていただくこととしました。 何卒、ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。


当面の間って、いつまで? ねえ、いつまで?いつまで?

思わぬ余波……。

旅行の計画といっても、ニッカウヰスキーの余市蒸溜所へ行ったときと同様に1人でふらりと訪れるつもりなので、交通機関など特に手配はまだしていなかったので問題はないのですが……。

残念ですが、仕方がありません。
工場見学が再開されるまで待つしかありません。

しかーし!
捨てる神あれば拾う神あり(?)。

「山崎蒸溜所」のブログを読もうかなと、ブログにアクセスすると、
トップ記事に『シングルモルトウイスキー白州ヘビリーピーテッド』という数量限定の新商品のお知らせがあったのです!

もう、ヘビリーという言葉だけで買いですよ~。
ヘビーなピーテッドって意味ですよね、たぶん。

5月26日に発売されるそうです。

でも、そのブログには数量限定と書かれていたので、気になってそこからサントリーのリリースのページに飛んだら、このヘビリー、な、な、なんと! 4000本限定! たった4000本!

これはひょっとして発売直後に売り切れて手に入らないのではないかと心配になりました。どこのお店でも取り扱っているという商品でもなさそうですし。

そうだ!予約は?予約できるのかな?
と、いそいそと同社のオンラインショップをのぞいてみると、
予約販売受付中の案内がっ!(ぱちぱち)。

はい、速攻でポチッと購入ボタンを押しました。
よかったー、買えて。5月26日より順次配送だそうです。いえーい。

私がポチッと予約購入した土曜日夜の段階では290本近く残っていましたが、
映画を観に行って帰宅してからブログを書いている今、オンラインショップを見ると、残りの数がやはり確実に減っていっている……。
(オンラインショップでは予約受付当初、何本あったのか知りませんが……)。

数量限定品のため、なくなり次第終了だそうです。

山崎蒸溜所の見学は当面の間、中止ですが、
この白州の数量限定商品を飲みながら、見学の再開を待つことにしましょう。

もちろん、ストレート、ノーチェイサーで。

いや、しばらくは眺めるだけで楽しみたいかも。

もう1本買ってしまおうかな……(苦笑)。
買っちゃえー、という誘惑のささやきが聞こえてきますが、これだけの数量限定だと1人で欲張って何本も買ってはいけませんよね~。大人気ないといいますか……。飲みたい人が1人でも多く飲めるように願っています。

でも、発売日を2、3週間過ぎても売れ残っていたら買ってもいいですよね?(笑)。

シングルモルトウイスキー白州ヘビリーピーテッド 通販

『シングルモルトウイスキー白州ヘビリーピーテッド』(容量:700ml/度数:48度)

白州ヘビリーピーテッドのページ↓
http://e-liquor.suntory.co.jp/apl/ossb/product/detail/prms/PRODUCT_ID__SHAHP

↓白州蒸溜所を見学したときに書いた過去(08年)の日記です。
怒涛の試飲&試食@白州蒸溜所
白州蒸溜所へGO!
チャーの話

最終目的地 [読書]

最終目的地 (新潮クレスト・ブックス)また1冊、つんどく入り(笑)。
その前、その前々に買った本、ぜんぜん読んでいないのに、
つい買ってしまいました。

『最終目的地』
ピーター・キャメロン (著)

原題は「The City of Your Final Destination」

↑わざわざ「Your」が入っているところが、実は作者が伝えたいポイントではないかと思っています(←まだ読んでいないのに……)。

この本、すでに映画化されているそうです。
アンソニー・ホプキンス出演で。

映画を観るよりも前に、本を読み終わりたいものです(笑)。

マスクがないっ? [news&topics]

今週明けごろから、日本列島でマスクがなくなっているそうですね。

都内でもマスクが売っていない状況だそう。
確かに、コンビニで見かけたのは給食当番用っぽいガーゼのマスクだけ。

買えない人が多いようで、
地下鉄の中などでマスクをしている人は思っているよりも意外と少ないです。

だって売っていないんですから、しようがないですよね~。

マスクをしないでゴホンと咳をした人の周りからは人が席を立って離れ、にらまれたりして、かなりピリピリした空気が電車内で漂っています。マスクのない人はハンカチをずっと口に当てたりしていますね。

私は運良く、もともとストックしていたマスク10枚に加え、ゴールデンウィークの半ばに念のため、お店で山積にされていたマスク1箱(60枚入り)を購入。さらに先週末に追加で60枚入りの1箱を購入していて、当面の在庫?があります。

このときは、まだ、周囲からは「また~大げさだな~」「形から入るよね~」「マスクしている人、そんなにいないって」という声が大半だったのですが……。

私はアバウトな性格ですが、備蓄している食料もお菓子も2か月は余裕であったりします(←ただ単に、買いすぎて余った食材がたまっているだけですが……笑)。

まさか、こんなにマスクが店頭から消えるとは思っていませんでした。

どうしても手に入らないっ、という人から何枚か譲ってほしいという声があり、もちろん譲りましたが、周囲では私のようにストックしている人も多かったです。←新型インフルエンザというよりも、4月に風邪が流行っていましたから。

テレビニュースを見ていると、医療機関の現場でもマスクが不足していて大変なことになっているようですね。本当に必要なところにマスクが早く届くといいのですが……。

それぞれが必要以上に買いだめをしないことも大事だと思います。
店頭などでは1人いくつまで、と制限をしているところもあるようです。

私も地下鉄などでの移動で行きと帰りにそれぞれマスクを1枚使って、1日に計2枚捨てていましたが、当面は1日に1枚にすべきでしょうね。

14歳までに観るべき映画50本 [映画]

映画「スラムドッグ$ミリオネア」はいい映画でしたが、各国でレイティング指定があるので、観ることのできない年齢の子供たちも多いでしょう。

大人でも「これは厳しいな~」という直視できないようなシーンがありますので、年齢が制限されるのも理解できます。

いい映画だな~、大人だけでなく子供たちにもぜひとも観てほしい映画だな~、という感動作品に、「リトル・ダンサー」があります。でも、確か、現地でのレイティングは15歳だったと思います(記憶違いでしたら、すみません)。

こちらは映画内で出てくる言葉がレイティングの対象になったのでしょう。

でも……。

過去に「14歳までに観るべき映画50本リスト」という日記を書いていました。
当時、英国映画協会が「14歳までに観るべき映画50本」リストを発表したんですよね~。

このなかに、、「リトル・ダンサー」がっ(笑)。
14歳までに観るべき映画リストに載っているけれど、レイティング15歳……。

まあ、あとは親の責任でっ、ということなんでしょうね。

ご参考までに2005年07月22日付で書いたブログ、
「14歳までに観るべき映画50本リスト」を再掲します。

続きを読む


インフルエンザ問題 [news&topics]

電車のなかでゴホンと咳を1つしても、まるで犯罪者かのような目でみられた連休直前。マスクをしていても、咳をする人には冷たい視線が……。

そして、マスクをする人もたくさんいたのですが……。

連休終盤の電車のなかは、マスクをしているほうが少数派。
マスクをしていると目立つほど、誰もマスクをしていないときも。

連休明けも、危機管理の一環でマスクをしていたほうがいいですよね。

インフルエンザかどうかを判定する簡易検査キットがコンビニなどで売っていればいいのにな~と思う今日このごろ。

私も連休前に風邪をキャッチしてしまい、ノドが痛くなり、一時的に咳が出るという症状がありました。

高熱も微熱も出なかったから「ああ、ただの風邪なんだ」と思えますが、もしも高熱が出たら、病院に行くべきかどうか迷ったと思います。もし、インフルエンザだったら外出しないなど、それなりの対応を考えないといけないですし(もっとも、今回の新型インフルエンザのような問題がなければ、私は熱があるぐらいでは病院には行きませんが)。

風邪だと思っていたのに本当はインフルエンザだったら、病院内や病院へ行くまでの交通機関で感染を広げるおそれもあります。でも、病院に行かない限りは、インフルエンザかどうか、インフルエンザだったら何型なのか、などはわかりませんよね~。

発熱した患者が海外渡航がないのに医療機関で診察を拒否されるケースが相次いでいるという報道がありました。保健所や発熱外来に前もって相談の電話をして、一般病院へと指示された人も診察拒否されたとか。連休中だし、どの種類の病院に行ったのかも関係あるのかもしれませんが……。

報道の内容が本当であれば、また、連休中も診療を受け付けている病院だったとしたら、新型インフルエンザだけが病気ではないのに、とちょっと思ってしまいます。もし深刻な病状の兆しだったら大変ですよね。

しかし、現場には現場の言い分があることも理解できます。
院内感染は避けなければいけませんし。
難しい問題かもしれませんね。
でも、検疫関係、医療関係の方々はよく頑張っていると思います。お疲れ様です。

メキシコが中国に対し、メキシコから渡航したメキシコ人らに対する厳重な隔離に抗議しているらしいですが、今回については中国を支持します(笑)。中国はあれぐらいやってくれるほどがちょうどいい。

とにかく、個人としては病気にならないように努力するしかないですよね(笑)。

ビバリーヒルズ・チワワとデュプリシティ [映画]

……うーん。

「デュプリシティ」と「ビバリーヒルズ・チワワ」を2本はしごして観てきました(笑)。

1日付の日経新聞夕刊の映画評。
「デュプリシティ」が星2つ、
そしてなぜか(笑)「ビバリーヒルズ・チワワ」が「見応えあり」の星3つ。

ということで、ひょっとして「ビバリーヒルズ・チワワ」って観ておくべき作品なのかも?と観に行った私がバカでした(反省)。

以下、これから観に行こうという方は読まないでくださーい。

「ビバリーヒルズ・チワワ」、
笑えるぐらい、得るもの何もなし!(笑)。ひさしぶりに、こういう映画を観ました。
いえ、こういう映画も貴重な存在です。

子供向けにはいいと思います。
それからチワワ好きの人にも。

私は犬派で犬が大好きなのですが、それでもこの映画は……。

大人は「スラムドッグ$ミリオネア」を観に行ったほうがいいでしょう(笑)。

ある意味、ビバリーヒルズ・チワワのロードムービーなのですが、
大人の視点で観ると納得できないところが……。

ゴージャスな洋服やクツ(←このチワワはブーティと呼んでいるんです、これが……苦笑)を身に着けていた主人公のチワワが、メキシコでさらわれ、服をとられ、ダイヤモンドのネックレスも失い、そして、旅の途中で自らの意志でクツを脱ぎ捨てるシーンがあるのですが……。

ベタだけれど、そのお約束の展開はわかりやすくていい。

ところが……。

過酷な環境におかれて精神的に成長して自宅に帰る、高価なもので着飾ることの無意味さも知って、というストーリーだと思って観ていたら……、最後の最後にまたダイヤモンドのネックレスと美しい服を着て、ビバリーヒルズで幸せに暮らしましたとさ、という終わり方。

最後は服や宝飾品で着飾っていないチワワの姿でいるべきでしょー、と思わずつっこみ。

まあ、いいんですけれどね(笑)。

私は小型犬を飼ったことがないので、犬にずっとクツを履かせるのは犬にとってよくないことと思っていましたが、あれは小型犬の足を守るために必要なのでしょうか? 

普段からクツを履かされて歩いている犬を見かけるたびに、犬がかわいそうだなー、飼い主の自己満足だよねー、と思っていましたが、病気を防ぐためなどの目的があるのでしょうか。そうだったら、すみません。私の認識が間違っていたということです。

「デュプリシティ」はクライブ・オーウェンを観に行っただけです(笑)。
やはり演技がうまいです。
クライブ・オーウェンはやはり次の007ですよっ!(期待)。

ただ、脚本と構成は分かりにくい。
元MI6諜報員と元CIA諜報員など素材はいいのに。
もっとおもしろくなってもいいのになー、と思いました。

舞台劇を意識したようなセリフの応酬などは、ちょっと「クローサー」っぽいのです。

それにしても、新聞の映画評で「ビバリーヒルズ・チワワ」が星3つで、「デュプリシティ」が星2つ、とは納得できません(笑)。どちらも一般向けには星2つの評価(それなりに楽しめる)でいいと思います。
メッセージを送る