So-net無料ブログ作成

響12年を味わう [食べ物&飲み物]

塩梅。
私が好きな日本語の1つです。
そして、世界に誇ることのできる日本人の文化でもあり、微調整能力でもあります。

欧州のレストランで食事をすると、「塩梅ということがわからないんだな、この人たちは」と思うことがしょっちゅうあります。特に、ごはんのおいしくないイギリス!(笑)。

そんな欧州で日本よりも一足早く、
今年5月に先行発売されたサントリーの「響12年」。

日本でもようやく9月15日に発売されました。

ブレンデッドウイスキーです。

響には「17年」「21年」「30年」がありますが、
意外なことに、これまで「12年」ものは存在しなかったのです。

このお酒を飲む会を企画したサントリーさんからのお誘いで、
いそいそと会場に駆けつけました(笑)。
ウイスキーを飲んでブログを書いている8人ぐらいが呼ばれたようです。光栄です。

響12年.jpg
↑「響12年」のボトルと、響12年をペリエで割ったスタイリッシュなハイボールスタイル。

どうして今まで「12年」がなかったのか、不思議といえば不思議でした。

12年ものが登場したのには理由がもちろんあります。
それは世界市場で勝負するため。

世界のウイスキー市場の90%以上がブレンデッドウイスキーであり、その主戦場へ殴りこみをかけるために満を持して登場したウイスキーらしい。

海外に長期滞在する日本人ビジネスマンの中には成田空港で「響」のボトルを買いこんで海外に飛び立つという人も少なくないようです。

遠く離れた地では特に郷愁を誘うウイスキーなのでしょう。
わかるなー、その気持ち。

私は「響」のブレンデッド具合などに「塩梅の妙」を感じるのではないのかと思っています。

関係ありませんが、海外にいたとき、それまで特に好きでもなかった小倉あんを無性に食べたくなったことがあります。特に桜餅(笑)。でも、そんなものは入手できない……。
ああいう塩梅の効いた甘さというのは、日本独特のものでしょう。

話は戻りますが、「17年」「21年」「30年」のボトルはなかなかハードルが高い価格帯。そこに「12年」(日本での価格は5000円)を投入したわけです。それでも、欧州で「響」をボトルで買って飲もうという層は、アッパークラス以上だと思いますが……。

この価格であの香りと味わい。
ウイスキーの本場の国の人たちにとってはインパクト大だろうなー。

でも、響の「塩梅の妙」の真価を本当に理解できるのは日本人ではないでしょうか。欧州で先行発売されましたが、響12年は日本でも愛されるウイスキーになることは間違いないでしょう。価格帯も優しくなったし(笑)。

「響12年」を飲む会の報告は後日に。

ちなみに、こちらは昨年、バーで飲んだ「山崎18年」のスタイリッシュ・ハイボールです。ボトルを冷凍庫で凍らせるけれども、ウイスキーは凍りません。ですので、氷を入れずに冷たいハイボールを味わうことができるのです。

山崎18年スタイリッシュハイボール.jpg
nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 5

ミホ

響の12年なんて出たんですねー!わたしは、もっぱら「成田で買う派」なので、比較的安く買えるのですが、国内だとちょっとお高いですもんね。はるちーさんが「塩梅」とおっしゃるなら、やはり是非試してみたいです!
次の出張で探してみよーっと思います!
by ミホ (2009-10-09 14:08) 

nikko81

nikko81です。

ぜひ、欧州での響12年の評価を聞きたいところですね。
わたしも先日、軽く試飲はしましたが、
日本でしかつくれないブレンテッドですよね。

響ブランドがこんなに気軽なのもすごい変化。
といっても、響30年はボトルで10万円、
蒸留所の試飲コーナーとかでしか飲めないですね(笑)

そういや…ウイスキーを冷凍庫にいれてますよ
比較的安めのウイスキーでもトロッとすると、
高級感が増す感じがします。
by nikko81 (2009-10-09 21:07) 

はるちー

>ミホさま
12年が出ました~! ミホさん、響好きでしたよね。
12年は香りがとても華やかでキリリっとしています。
香りの塩梅もいいですよー(笑)。
これは私もボトルで買おうと思いました。
17年の半額で買えるのがうれしいですよね。
今度の出張では成田空港で12年をぜひ(笑)。
↑でも、現地で他の同僚や上司に飲まれてしまうかも!?
by はるちー (2009-10-10 11:30) 

はるちー

>nikko81さま
さすが、すでに試飲されていましたか!
欧州での評価……イギリスでの評価をインターネットでざっと見たら、12年、絶賛でしたね。特に、高品質な響が手ごろな価格で買えるようになったことは驚きをもって歓迎されたようです。代表的なスコッチは2001年から日本のウイスキーにやられっぱなしだぜ、みたいな文章もありましたよ。
響30年は私が知る限り、サントリー系列のバーでも安くて1ショット6000円以上しますから……とてもとても。記憶は確かではないのですが、蒸溜所の試飲コーナーでも2000円以上しますよね、この間の山崎蒸溜所の有料試飲コーナーでは、私は響21年でとどまりました(笑)。
私は今年の夏、白州のボトルを冷凍庫で凍らせて飲むスタイルでした。冷たいものをキュっと飲む、これが夏には合いました~。角瓶も凍らせるのにいいですよね。
by はるちー (2009-10-10 11:58) 

gucci 新作

響12年を味わう:はるちー備忘録blog:So-netブログ
by gucci 新作 (2013-07-16 09:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る